相続による不動産名義変更はいつまでにやるべき?

相続に関係する手続きの中には、いついつまでにやらなければならないというルールがあるものがあります。

たとえば、相続税の場合だと、死亡してから10か月以内、相続放棄や相続の限定承認の場合は相続開始から3か月以内というように定められています。

相続は、法やさまざまな公的手続きが絡んでくるため、期間は厳守となっています。

では、不動産名義変更の場合はどうでしょうか?やはり期限が決められているのでしょうか?

実は不動産名義変更については、期限はありません。

これは、所有者から相続人に名義変更する義務は相続人にはないためです。

つまり、極端な話、土地の所有者の死後放置をしていても問題ないということになります。

では、何もしないで良いか…と思いますよね。

実際、家族が亡くなった後は種々の手続きや片づけなどで非常に忙しくなります。

また、大切な人を失ったショックから、やらなくて良いことはやりたくないと思うこともあるでしょう。

しかし、不動産名義変更をせずに放置することはおすすめできません。

後々トラブルになる可能性が非常に高いためです。

後から「この人も相続人となる権利がある」という人が遠戚から出てくることがあるからです。

そうなった場合、遺産分割協議という話し合いが必要となります。

スムーズに事が進めば良いですが、取り分のことで揉めることは少なくありません。

また、自分が生きている間にきちんと手続きしておかないと、子孫にまで迷惑をかけてしまうことにも。

相続することが決まったら、できるだけ早いうちに不動産名義変更を済ませておくのが賢明です。