いったいいくらかかる?相続による不動産名義変更でかかる費用内訳

相続による不動産名義変更の手続きにおいて、「いくらかかるか」も気になるところではないでしょうか。

死後の手続きや相続については、なんとなく高い費用がかかるような気がしますよね。

ここでは、不動産名義変更でかかる費用について解説します。

不動産名義変更でかかる費用の中で、もっとも高いのは登録免許税です。

登録免許税は法務局に申請する際に払うお金で、いくら払うべきかは不動産名義変更の理由によってそれぞれ定められています。

贈与、売買、離婚による不動産名義変更は固定資産評価額の1000分の20ですが、贈与の場合は税率が下がり、1000分の4となります。

たとえば、固定資産評価額2,000万円であれば、支払うべき登録免許税は8万円となります。

高いと言えば高いですが、これがマックスだと思えばあとは気楽です。

登録免許税以外にかかる費用は、戸籍謄本450円、除籍謄本750円、戸籍の附票300円、印鑑証明書300円、固定資産評価証明書300円などです。

ここに記した金額はとある自治体のもので、公的証明書の発行費用は各自治体によって異なるため、実際に手続きを進める際には自治体に費用を確認してください。

このように、不動産名義変更にかかる費用は、登録免許税+必要書類にかかる費用と頭に入れておきましょう。

ただし、書類の準備や申請手続き等を司法書士に依頼する場合はその費用もかかります。

料金は司法書士事務所によって異なりますが、およそ10万円が相場と言われています。

金額については、概算については事前に把握できるため、手続き前にチェックしておきましょう。