不動産名義変更とはいったい?自分で全部やらなきゃダメ?

不動産名義変更とは、その名の通り、不動産の名義を変えることで、所有権移転登記とも言われています。

不動産名義変更が必要な場合は、土地を売ったときや他の人から購入したとき、そして持ち主が死亡したときなどです。

つまり、土地の持ち主が変わったときに名義変更をすることになります。

不動産の所有者については法務局の登記簿で厳密に管理されているため、名義変更をすることになったら、法務局に行って登記申請をします。

不動産名義変更はなにやら難しいイメージで、日ごろから知識を持っている人は少ないでしょう。

土地の売買によって名義変更する場合は、担当の不動産会社が案内・サポートしてくれますが、土地所有者が亡くったことによる名義変更では、相続者が自ら動いて手続きしなければいけません。

そのため、あらかじめきちんとした知識を持っておくことが何より重要です。

なお、不動産名義変更はすべて自分だけでやる必要はありません。

実は司法書士に手続きを依頼することも可能です。

後ほどご説明しますが、不動産名義変更をするには複数の書類を準備しなければならないことや、少しでも不備があると申請を受け付けてもらえない、などの大変さがあります。

確実にスピーディに済ませたい、仕事や育児で忙しく手続きに時間をかけられない、という方は、最初から司法書士に依頼することをおすすめします。

ただ、司法書士への相談や手続きにはお金がかかるため、その辺も考慮しましょう。

当サイトにおいては、相続による不動産名義変更を自分でやる人への解説をメインに進めていきます。